2014 年 11 月 14 日 | タグ:

SONY DSC

風俗も行き慣れてくると、ほんと色んな女の子がいるなとか思ってしまう。もちろん、ついつい通い続けてしまうような、常連確定のかなりいけてる女の子もいれば、もう2度とないなと即座に烙印を押してしまう女の子とで真っ二つに分かれてしまう。

こればっかりは、その男性の好みと言われればそうなんだけど、まずは外見ビジュアル。男なんてものは、めちゃくちゃ可愛い子や、綺麗な子が風俗にいないことはある程度は理解しているつもり。お金を出せばきちんといるお店はあるが、なかなかそんなお金は持ち合わせていない。

ただ、ビジュアルでないなと思ったのが、不潔な子。ギャルとかで顔の化粧を2、3日落とさないなんて当たり前と聞いた時にはキスするのさえ嫌になってしまった。プレイは良かっただけにけっこう残念な気持ちになってしまう。

性格面で言えば、やっぱり無愛想な子は論外かなと思っている。何でもそうだと思うけど風俗は特に直接の客商売だし、お客さんのモチベーションやテンションを上げるのも風俗嬢の立派な仕事だと思ってしまうからだ。中には、ろくに挨拶しない、目も合わせない子もざらにいて、他で何があったか知らないけどなめられているなと思ってしまったし全くもって気持ちが良くなかった。プレイはちょっと下手でも、一生懸命愛想良く頑張ってくれる子がやっぱり応援したくなる。

2014 年 9 月 9 日 | タグ:

友達の彼女と俺は、人も怪しむ大親友の仲です。
決して変な関係ではないので、俺も堂々と遊んだりしています。
そして俺の友達も、俺と彼女が二人で遊ぶことに警戒など全くありません。

元々、俺と友達の彼女は、中学時代からの知り合いでした。
高校も同じ、そして偶然にも大学まで同じ学校に通っているのです。

「ドタキャンされたんだけど!」
連絡をしてきたのは友達の彼女、サエちゃんでした。
彼氏とディズニーランドに行く予定だった先週の日曜日、彼氏がドタキャンしたんだとか。

「せっかく新しく買った可愛い服着て待ってたのに!」と、かなりご立腹の様子(笑)
「しょうがねーな、俺が遊んでやるよ」
俺とサエちゃんは新宿で待ち合わせをしました。

その日、俺はあらかじめ計画していたことがありました。
それは、新宿のデリヘルで可愛い女の子を指名して久々のエッチを楽しむこと。
しかし、サエちゃんと会うことになり、とりあえず一旦中止。

そしてサエちゃんと映画やカラオケを楽しんだあと、夕方近くにサエちゃんの彼氏でもある友達から連絡。
「マジごめん!今から飯おごるから!」とのこと。
仲を取り持ちながら、三人で飯を食ったあと、やっと俺が予定していた新宿にあるデリヘルに到着しました。

PR
新宿風俗

TOP